カテゴリーから探す

商品を探すための便利な検索

その他

デスクワークも快適なクロックスを価格改定でお安くなりました。
リーガルパッド(レポート用紙、レターパッド)特集 エコリカリサイクルインク特集 お手頃価格でデザイン性の高い_イタリア家具
  • ホーム
  • オリジナルふせん(付箋、粘着メモ)特集

オリジナルふせん(付箋、粘着メモ)特集

充実した商品ラインナップのオフィス・デポのオリジナルふせん


・たくさん使いたいからとにかく“安く”という方のためのオリジナルふせん
・仕事の効率をupしたい方のためのフィルム製のインデックスふせん
・粘着性や環境にも配慮したプレミアムタイプふせん
・大きく書きたい人のための大判、特大判サイズのふせん
・丈夫で繰り返し使える蛍光色のポインター(矢印)ふせん
・きれいに書きたい人のための罫線入りタイプのふせん
・伝言に注目してもらうための個性派形状タイプや蛍光色のふせん
ビジネスの様々なニーズに応えます。

充実の商品はコチラから


■オリジナルふせん

極小サイズ 小型サイズ 中型サイズ 大型サイズ
5.0×1.2cm 5.0×2.0cm 7.6×2.5cm 5.0×3.8cm 7.6×7.6cm 7.6×5.1cm 7.6×12.7cm
極大型サイズ 罫線入りタイプ 個性派形状タイプ  
15.0×10.1cm 7.6×7.6cm 7.6×12.7cm    
 


■フィルムタイプのふせん

極小マーカー

ポインター(矢印)

インデックス(小) インデックス(中)
4.5×0.8cm 4.5×1.2cm 4.5×1.2cm 4.5×2.5cm 3.7×5.0cm


■オリジナルふせんプレミアム(環境対応)

極小サイズ 小型サイズ 中型サイズ
5.0×1.5cm 7.5×2.5cm 7.5×7.5cm 7.5×5.0cm


オフィスでの文房具利用に関するアンケート
整理整頓!オフィスでのふせんの便利な使い方は?


オフィスワークは、忙しくなればなるほど効率が重要になってきますから、仕事が進まないとイライラも溜まってしまいます。 しかし、自分の力だけでは乗り切れないこともあるかもしれません。
そうなった時に使用されるのが文房具ですが、用途によって使う文房具は変わってきますし、人によって使い方も変わってくることもあるようです。様々な文房具がありますが、今回はふせんについてアンケートを取ってみました。
オフィスワークをしている人は、このふせんをどのように使っているのでしょうか。
オフィスでの仕事の効率を上げたい人は必見のアンケートになっています。

質問の内容と結果は下記の通りです。


【質問】
日常のオフィス内の業務で利用する、ふせんの便利な使い方は?


【回答】
回答の中で一番多かったのが、資料の重要性をカラーふせんで整理するでした。
回答者の意見にはこのような意見があります。


・重要度の高い順に色分けして整理しています。ぱっと見て分かりやすく便利です。
・重要な事柄毎に、色に違いを出してメモしておくととても便利です。
・やはり、重要箇所をすぐに見分けられるので、とても便利です。

回答者の意見を見ると、重要なものをすぐに見分けることができるので便利であるという意見が多いようです。

次に多かったのが、ひらめいたアイデアをふせんに書いて並べるという回答ですが、回答者の意見には下記のような意見があります。

・思い付いた事はその都度メモしておかないと、後で忘れてどんなアイデアだったのか思い出せずイライラしてしまうから。
・突然ひらめいた良いアイデアも時間がたつと忘れてしまう事もあるので、書き留めておく方がいいからです。
・ひらめいたときにメモしておかないとすぐに忘れてしまうので、ふせんに書いて目につくところに貼っておきます。

回答者の多くが忘れないようにメモするという意見が多く、ふせんをメモ代わりにしているようです。カラー付きのものであれば目立つので、安心なようです。
回答の中で一番多かったのが、カラーふせんで資料の重要性を整理するという回答のようです。回答者の意見を見てみると、カラーふせんを使用することで、重要なものを見分けやすくできるので、便利であるという意見が多いようで、色で見分けやすくできる便利さが、好評のようです。
次に多かったのが、ひらめいたアイデアをふせんにメモするという回答であり、回答者の意見の多くは、せっかくのアイデアだから、忘れないようにするためにふせんをメモ代わりにしているようです。ふせんは、普通のメモと違い、一つ一つをメモするができるので、見やすいというのも理由になっているようです。
理由はそれぞれ違いますが、分かりやすく整理できることにふせんは利用されているようです。


■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2014年7月7日~7月15日
■有効回答数:100サンプル